世の中お金じゃないと育てられたが、やはりこの世はお金がモノを言う

私が今までで最も自由にお金を使えていた時期は、成人してから25歳位までです。
実家を出て彼氏と同棲をしている時で家賃なども折半だったため、その頃は細かいことは気にせず浪費できました。

自分の工夫、アイデア次第でどれだけでもお金の節約はできるものだ。

本です。
昔から本だけは毎月何冊かは購入したくなってしまいます。
しかも、最近の本は1000円を超えるものもめずらしくなく、自分にとっては痛い出費となる月もあります。
しかし止められません。お小遣いの使い道は、残る物がほとんどです。
ダンスをするので新しい練習着や髪飾りなどもよく購入します。
漫画も大好きな趣味なのでお小遣いの中から買います。
自分の好きな趣味のもので、残るものについつい使ってしまいがちです。

お金に関する失敗談

一時期サーフィンにハマってしまい、教則本やDVDはもちろん、ボード等を揃えたことがあります。
しかしその後、体調崩してしまい波乗りができなくなってしまいました。
全くできないわけではありませんが、海に行く機会がほとんどなくなりました。
ウェットスーツやボードなどは決して安くなく、それだけでかなりお金を使いました。
一生できるような趣味ならお金をかけても損は無いかも知れませんが、できなくなる趣味と言うものもあることを学びました。21歳ころです。
高校を卒業して就職したのですが、2年目ということもあり、1年目の頃よりは貯金も貯まってきて使えるお金にも余裕がでてきました。
学生の時は少ないお小遣いで服を買ったり友達と遊んだりお菓子を買ったりしていたので、我慢することも多かったです。
なのてこの頃はその反動で人生初の大人買い衝動買いが多かったです。

お財布に入れているといつの間にか無くなっているのがお金

それはデザートです。
半額のスイーツやパン新商品に期間限定全て私の好きな言葉です。
ついついこれらの言葉を見つけるとためらわずに買ってしまいます。
誘惑に打ち勝つことが出来れば食費も体重も減るのになと思う日々です。残らないものが多いです。
何よりも私は食べることが好きなので美味しそうな食べ物を見つけるとつい買ってしまいます。
ミーハーなのも重なってテレビで紹介されました!とか人気!とか聞くとご褒美にって思いながら買います。

お金に関する失敗談

洋服を大量に買ったことが失敗です。
社会人1年目でお金の使い方もよくまだ分かっておらず、安いお店に入っては何枚も買っていました。
バーゲンでも安いからと大量に買って結局着てない服がたくさん眠っています。大学生の頃です。税金のことは全く考えていませんでしたが、好きなバイトで思いっきり稼いで、好きな服を買ったり、ランチをしたり、親にプレゼントを買ったり、旅行へ行ったり、多分人生で一番の贅沢でした。

世の中お金じゃないと育てられたが、やはりこの世はお金がモノを言う

子供服!たくさんあるからと思うのですが、見ると、着せると可愛いだろうなと思って買ってしまいます。自分のためには、たまのマッサージ。これは贅沢なのですが、どうしてもやめられません。残らないものの方が多いです。出社前のつまみ買いや、飲み物、ランチに消えてしまいます。バンジージャンプやハイキングなどの体験にも使います。衣類は買わない月もあります。

お金に関する失敗談

私立に行きたいと言った私に、親が国公立に行ったら受かった時点で50万、入学したら50万くれると言ってくれたにも関わらず、意地になって私立に入学してしまった事です。

コメントは受け付けていません。