貯金を頑張りすぎて、普段の生活費が貧乏!

どうしても今月中に10万円が必要になった。
もはや知人や友人頼るあてもなくお金の事が心配で眠れぬ夜を過ごしていませんか?
今回は消費者金融カードローンキャッシングなど初めて聞く言葉ばかりでよくわからない
という方のために初心者向けの簡単解説をしてくれるキャッシングの達人達に話を聞いてきました。
それでは見ていきましょう。

みじめな正月とぜいたくな思い出

まだ若いころ、遠い昔の話です。
人生初めての海外旅行を計画しました。
もちろん、薄給の身でしたので、乗り継ぎに継ぐ乗り継ぎの飛行機チケットを某旅行会社で買いました。
でも、その直後、知り合いの旅慣れた人に「こんな旅程じゃ旅行を楽しめないよ」とアドバイスされ、言われるまま高い(といっても普通クラス)の飛行機のチケットを買いました。
ところが、明らかに予算オーバーになってしまい、年の瀬が迫っていたのですが、年を無事に越せるかびくびくしながら年末を過ごしたのでした。年末年始返上で働きました。
実家にも帰らず、一人暗い部屋で、暖房も節約して、大晦日にはカップめんの年越しそばを食べていました。
でも、旅行のことを思えば、決して損したとも貧しいとも惨めとも思いませんでした。
要は自分が何をやりたいか、ということが人生で一番大切なことです。
やらないで後悔するよりも、やってしまって後悔するほうがよほどすっきり生きられます。
この後悔は後者のほうでした。
だからこの状況も清々しかったです。

貯金を頑張りすぎて、普段の生活費が貧乏!

生活口座の残高がだんだんと減っていくのを見るとお金が無いなと思う。10万の位が一つ減ると愕然とする。
ローンの返済、クレジットの支払いがあった後の通帳残高は見ないほうが気持ちにも余裕が出るのではないかと常日頃から思う。主人は大目にお金を入れておけとよく言いますが、ほかの特別経費を出費するところから生活口座にお金を移すと余計に、お金が無いなとみじめになる。
貯金はそれなりにしているはずですが、使っても大丈夫なお金がどんどん減るとみじめになる。うちは、こつこつ先取り貯金でお金を別口座に貯めているんだ!大丈夫なんだ!!主人もちゃんと仕事をしているので、給料日まで頑張ればなんとかなるのだ!常に言い聞かせてみる。とりあえず、次の給料が入るまでは、生活口座の残高は確認しないようにしている。そして買いもにも行かず、家の冷蔵庫や保管庫にある食材でご飯を作れるように努力していく。缶詰がメインとして登場することも度々あるけれどぐっと我慢!これ以上生活口座の残高が減らないように祈る

出ていったら我慢する習慣をつける。

スマートフォンを使っているのですが二ヶ月後に請求が来た時に携帯決算をしていたのを忘れていた時です。私の場合、銀行にて引き落としをしているのですが支払いで使っている銀行は必要な時になると引き落とされる前に入金していくスタイルを取っていて携帯決算は半年に一度か全く使用しない時は一年に一度ぐらいなので携帯使用料金しか考えていなくて忘れた頃に思い出すのですが、他にも生活費など計算して置いているのでふと思い出した時に困ることが多いです。必要な支払いの分は専用の箱に置いているのですがいつもより必要な場合は貯金用に回した分から取るようにしています。基本あまり物を購入したりしないので食費などの常時いるお金以外は基本的に貯金をして将来の為に保管しているのでその分から取るようにしています。貯金の分から取った場合は翌月の食費を減らしたり、欲しい物でもセールの時やフリマアプリでしか購入しないようにするなどできる限りその月の貯金金額を下回らないように調節しています。

まとめ

さて、いかがでしたか?キャッシングの返済期間をどのようにするかも上手に返済していく大きなポイントです。
審査が通ったということは返せる見積もりがちゃんとあるということ。
うまく利用してより良い毎日を送っていきましょう。
それでは今回はこの辺りで。
最後までありがとうございました。

コメントは受け付けていません。