お金がない時には、節約とカードローンの活用が得策

生活費に困っていてどうしてもお金を借りたい。
けれども消費者金融の審査に落ちまくってしまう。
人生最大のピンチに戸惑っているあなた。
こんな時にピンチを乗り越える方法があると嬉しいですよね。
絶体絶命の状態から大逆転できる方法をその筋に詳しい人たちから聞いてきました。
早速紹介していきましょう。

お金がない時には、節約とクレジットカードの活用が得策

税金などの払い込みが一気にきてしまった時、お金がないなぁと困ってしまいました。けれど払わなくてはいけないものなので、なんとか捻出してことなきを得ました。その月は食費を削り、家にあるものでなんとかしのぐという状況でした。スーパーの値引き時を狙って買い物に行ったり、交通費を浮かすために時間が許す限り歩いて移動をしたりしました。また自転車を持っていたので、できる限り電車やバスを使わずに自転車で移動をするようにしたので交通費が節約できました。使うお金を減らすことに特化しました。必要経費以外はできる限り切り詰め、安くなっている食材や半額商品などでしのぎました。自分の生活上最もお金がかかるのは交通費なので、それを削減するために徒歩移動や自転車移動の頻度を増やしました。普段はあまり使わないようにしているのですが、手持ちの現金が本当にない時にはクレジットカードの利用に頼ったこともあります。支払いのタイミングがずれるので、カードには大いに助けられました。

涙のギリギリ家計にも楽しみを作って乗りきろう!

結婚してからなんだかんだと貯金を崩しては使いを繰り返し、貯金残高が毎月ギリギリになってしまっています。結婚式、車の購入、引っ越し、エアコンの購入という大きな出費に加え、夫の散財。子供の養育費もこんなにかかるとは。無知で無計画だった10年前の私を呪いたい気分です。結婚前は結構あったのに、あの時に戻ってやり直したいです。毎月ギリギリの通帳を見てはため息が出ます。月末に家賃や習い事やカード代などの引き落としがあるのでものすごく困ります。毎月、月末の通帳とにらめっこで困っていたので、なかなか続けられなかった家計簿を復活させました。特に力を入れているのは毎月の「予算」を明確にすること。初めに、今月はこれくらいだと把握していれば毎日家計簿に出費を書き込まなくても、どのくらいなら使えるというのが分かるので、それからは経費を少しは抑えることができていますし、無駄になんとなくしていた外食なども計画性をもつことで有意義で楽しい出費になっています。あと、毎月ギリギリの通帳を見ては落ち込むの繰り返しなので、貯金用の通帳を作り、そちらが貯まっていくのを見る楽しみを作りました。今はそれを一人でニヤニヤと見るのが楽しいです。

食費は自分の身体と相談すること

自分は普段たくさん食事や菓子やドリンクなどにお金を使うのですが、1日トータル1500や友人や知人などと食事する時などには5000円以上使ってしまうので、食べた後に後悔するときも多々あります。今自分は大学生なのですが、講義の合間の休憩などにコーラやアイス(チョコモナカジャンボなど)を摂取してしまうため、気づいた時には財布がすっからかんなって困った時があります。体重などの影響は普段からジムでトレーニングなどしているので大丈夫なのですが、その分のエネルギー補給で費用に困ることがあります自分が体重を減量しようと励んでいた時期があって、1日菓子パン1個(メロンパンやコッペパン)ひどい時はキットカット1つとかもありました。その時は体重も10から12キロも落ちて、お金もあまり消費しなかったので金銭面では凄くよかったなと思います。
自分の中で食費の管理はトレーニングによる影響が大きいと思います。
筋トレをするとやはりエネルギーを消費するし、お腹もすきます。
筋肉肥大を目指す時はしょうがないとところもありますが、減量をする時は何も食べないのでそこでちょっとしたお金の貯金が出来ると思います

まとめ

さて、いかがでしたか?水道光熱費が差し押さえられてしまうまで我慢することはありません。
うまくキャッシングを利用してピンチの時は上手に付き合っていきましょう。
またファクタリングも最近人気が出てきたお金の借り方ですね。
それでは今回はココで終わりにします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。