大切な彼氏に騙されて50万円借金しました。

結婚も考えていた相手から借金があることを打ち明けられた。
そんな時あなたならどうしますか?
今回は突然沸き起こったお金のピンチをうまく切り抜けた人達の体験談をまとめました。
早速紹介していきます。

大切な彼氏に騙されて50万円借金しました。

私が22歳だった時に、某携帯会社の店員をしていました。
それなりに田舎の中では高い給料を稼いでいたのです。
しかし、その当時付き合っていた彼氏が借金をしており、
私との交際費やデート代の車のガソリン代、そして自分の時間をわざわざ割いてデートしているんだからという理由で支払いを毎月払わされていたことです。
支払いの他に、趣味の道具の購入費用や、私は財布だと当時の彼氏の友人に言いふらしていたらしく自分のお金のように勝手に使われていました。消費者金融にてお金を借り続けました。
総額最高50万円にまで達しました。
1年半越しにようやく当時の彼氏とは別れましたが、当時の彼氏の友人とも私は交友があり、その友人を裏切ったということを理由に返済はしないとはっきり言われてしまい、当時は相当恨んでいました。
しかし、実はお金を肩代わりしたり、支払っていた時から返ってはこないことはわかっていたし、返ってこないと思えと両親から教えてもらったのでそこまで精神的に負担にはならなかったです。

私のお金に困ったときの解決法!

毎月使えるお金を決めているが、その予算を越えてしまったときはお金がないなーと思う。
わりと予算には余裕を持っているが、飲み会に3日連続で行き2~3万使ったときには、お金が無くなった。
そのため1ヶ月間はもやし生活をしていたこともあった。
社会人になってからは、そういうことも減った。
しかしたまに物欲が押さえきれず、脱毛やpcを買ったときには貯金が減り、とても焦ってしまった。
いまの私にあと30万円あれば、より物欲が満たされるのになと思う。
先程も書いたようにもやし生活を1ヶ月間続けた。
また実家からお米をもらって、極力食費にはお金をかけないよう努力をした。
また当時は学生でありアルバイトをしていたため、お金がないときはいつもの月よりも多く入るようにしていた。
アルバイト中には、○時間働いて時給がいくらだからと1日あたりの給料を計算して気持ちの安定を図っていた。
またアルバイトにあまり入れなかった時には、親にお金を借りたりしていた。
けど、罪悪感からすぐに返済していた。

思わぬ出費にもがき苦しみ、最終的には触ってはいけないあの部分に着手。

お金に余裕があるときに限って車をぶつけたり、交通違反で罰金を支払ったりしがちです。
そのときの出費が後々痛手となり、苦しい思いをしたことが何度もあります。
昨年だったか、臨時アルバイトで思わぬ収入があったときに派手に車をぶつけて、アルバイト代が全て吹っ飛んでしまった苦い思い出が・・・。
あのときは、本当に落ち込みました。
しかし、アルバイト収入があったからこそ何とかなったわけで。
不思議なもので、お金がないときはそういう緊急的な出費もなかったりします。ただただ、ゲーム感覚で
『給料日までの数日をこれだけで頑張れるか!?』
という心持ちで乗りきったことがあります。
しかしこれは独り暮らしだったから為し得たことなのかもしれません。
家族が出来てからは、そういうわけにはいきません。
育ち盛りの子どもたち、食べさせないわけにはいきません。
食費は仕方ないので、あとはとにかく極力引きこもりました。
人付き合いでの出費が何気に多いので、控えめにして交遊費節約。外出もガソリン代浮かすため、控えめに。
それでもだめでどうしようもないときは、極力さわらない口座、子どもたちのお年玉に着手。後悔しそうになりますが、そうしないと乗りきれないこと多々あります。あぁもっと働かねば。。

まとめ

さて、いかがでしたか?金融機関によって借りた金額で利子が変わるところや枠内で利子が変わるところ色々あるようですね。
返済の際に金利の影響は結構大きいもの。
うまく見極めておすすめの会社でじゃんじゃん借りて行きましょう。
では今回はココで終わりにします。

コメントは受け付けていません。